オーディオのイシノラボどっとこむ アンプや真空管などのオーディオパーツの通販サイト!オーディオ機器の修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  店長のブログ  >  MASTERS BA-205BWS
一言ご紹介
【MASTERSブランド】
AU-203FBGシリーズ
AU-203FBGシリーズ
フルバランス増幅真空管プリメインアンプ!
実際のリスニングレベルでの特性を最優先に、瑞々しいサウンドを実現しました。
人気記事リスト
  1. 最近修理したサンスイアンプについて
    2012年1月12日(木)
  2. トランス式アッテネータ・パッシブプリアンプ MASTERS ATT-900シリーズ
    2010年7月18日(日)
  3. 我が家のオーディオ装置から、やっといい音が出る!!
    2011年1月16日(日)
  4. すぐれたロータリースイッチの存在でMASTERSパッシブプリアンプが成立している
    2013年4月6日(土)
  5. バッテリー電源に使うバッテリーを充電するには!?
    2010年4月6日(火)
  6. パッシブ・プリアンプで体験したこと
    2010年12月31日(金)
  7. 弊社製品の安さの理由とオーディオ機器の価値
    2011年2月12日(土)
  8. カスタムアンプ“MASTERS CA-999FB/super A custom”のユーザー様からのレポート
    2011年6月4日(土)
  9. 究極のリアルサウンドが聴けるか!マスターズのパッシブ・プリアンプ
    2010年10月23日(土)
  10. 評価の高いプリメインアンプ“MASTERS AU-880L”
    2011年6月26日(日)
  11. 新開発の真空管整流電源によるトランジスタ・フォノEQアンプ
    2012年1月19日(木)
  12. 昨今のビンテージ真空管事情
    2011年11月19日(土)
  13. ビンテージ管45(直熱3極管)搭載プリアンプ“MASTERS CA-45S CUSTOM”の更なる改善
    2010年9月26日(日)
  14. 真空管パワーアンプ 6AS7Gppアンプ製作
    2010年7月8日(木)
  15. オーディオを節電しつつ楽しむには
    2011年3月21日(月)
  16. 新開発!Zバランス回路(Xバランス回路の改良版)!
    2012年8月12日(日)
  17. NFBアンプを考えてみよう!
    2013年12月25日(水)
  18. ホーンシステム・ユーザーさんに有益な情報!
    2010年5月22日(土)
  19. トランス式パッシブプリアンプ“MASERS CA-999FBS”を納入致しました!
    2011年9月7日(水)
  20. バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中
    2010年8月18日(水)
  21. 高能率スピーカに最適のアンプとは?
    2012年5月14日(月)
  22. “MASTERS BA-225FB/MOSy”誕生!
    2008年5月6日(火)
  23. 300Bを4本採用したフルバランス・プリアンプのカスタム製作
    2008年9月28日(日)
  24. バッテリードライブ・MC用バランス増幅フォノイコライザーとバッテリードライブのこと
    2011年8月13日(土)
  25. 特注ミニパワーアンプ“MASTERS BA-350”製作
    2010年7月8日(木)
  26. 真空管アンプによるフルバランスシステム 試聴報告
    2008年10月7日(火)
  27. WestRiverアンプ試聴会レポート
    2010年9月16日(木)
  28. がんばろう! 日本。そして、50Hz地域の方は節電しつつ、オーディオを楽しもう!
    2011年4月10日(日)
  29. MASTERS BA-225FB/MOSのバランス増幅
    2007年4月8日(日)
  30. トランス式パッシブ・プリアンプとバッテリードライブ・パワーアンプの絶妙なコンビネーション
    2010年11月27日(土)
  カテゴリー ‘MASTERS BA-205BWS’ のアーカイブ
 店長が日々感じたことを、オーディオエッセイ風に綴ります。開発日誌、コラムなど、様々な内容を情報発信しています。

ブログのホーム


MASTERS BA-205BWSの開発経緯

今月発売したばかりの新製品、パラシングルパワーアンプ”MASTERS BA-205BWS”についてお話し致します。

昨年発売した、”MASTERS BA-202BW”は、低内部抵抗管5998を採用したシングルアンプでした。わずか2.5Wながら、なかなか生意気な良いサウンドを出し、オーディオアクセサリー誌の紹介記事において、好評を得ました。数台の注文、販売の後、ユーザー様から、「このサウンドの延長線上で更にパワーアップして欲しい」という、リクエストをいただきました。”MASTERS BA-205BWS”はこれに応えて実現したものです。5998をパラシングルと、他に例を見ない構成は、どんなサウンドが出てくるか設計者としても興味津々でした。

結果、パラシングル構成によって、アンプ内部抵抗が1/2となり、更なる低ひずみ、また、歯切れの良さが抜群なパフォーマンスを示すのはびっくり致しました。

真空管アンプながら、「切れの良いサウンド」と「真空管特有のこくのある味わい」を望む方にはぴったりです。さらに、残留ハムノイズが0.3mV以下というのは、ニア・フィールドヒアリングや高効率の大型スピーカに最適です。

このアンプの特長は、世界に例の無い”プレート配線と二次巻き線とを一緒に巻いたバイファイラー巻きトランス”の威力がこの構成で更に発揮されたのだと思います。

ではどうして、バイファイラー巻きトランスはこれまで、できなかったのでしょうか?かつて、日本のケーブルの絶縁が悪くて、とても2本一緒には巻けませんでした。その時から数十年経た現在では、日本のケーブルの絶縁技術は世界一の信頼性があります。それでも、多くのトランスメーカーがやらないのは、これまでのトラウマもあったからでしょう。しかし、最後の決め手は職人の技術です。相互の巻き線を傷つけないように、注意深く巻ける方はほとんどいないに等しいと思います。このトランスは練達の職人の腕によって、出来上がったわけですが、安全のため、巻線間で300V以上の電圧差は生じないアンプ設計にしております。

当社は、”ユニークだから”とか、”世界初”とかで、高価な値付けはしない方針です。ネットでの通信販売直販に徹しているのも、オーディオ販売店が仲介した場合の利益(通常25%)を、オーディオファンの皆様に還元したい気持ちがあるからです。それでも、”やはり、音を聴かないと、・・・”とおっしゃる方は、当方の工房(千葉市美浜区)にお越しいただいて、視聴いただくことも可能です。(その場合、セキュリティ確保や、対応させていただく担当者のスケジュール調整等のため、必ずご予約をお願い致します。)

遠方の方は、購入してみてどうしても気に入っていただけなければ、クーリングオフ期間(8日間)内で返送いただければ、返金致します。(但し、お客様のご都合による返品・交換の送料は、お客様のご負担でお願い致します。これは、交通費をご負担いただいて視聴にお越しいただいているお客様とのバランスをとるためにもお願いしております。)どうぞ、通信販売のメリットを最大限ご利用ください!

また、当方のオーディオ界での長いキャリアの目で見て、「十分に良い」と判断したものだけを提供しているつもりです。

どうかその点もご考慮いただいて、ご検討いただければ幸いです。


ブログのホーム


Copyright © 2003-2017 ISHINO LAB. © 2003-2017 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Mozilla Firefox