オーディオのイシノラボどっとこむ アンプや真空管などのオーディオパーツの通販サイト!オーディオ機器の修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  店長のブログ  >  Audio Spice BA-D205MK
一言ご紹介
【MASTERSブランド】
CA-999FBGシリーズ
CA-999FBGシリーズ
電源がいらない、電源問題がない、バランス型トランス式パッシブプリアンプ!
RCA入力においてもゲイン切替可能!
アクリル仕上げフロントパネル!
人気記事リスト
  1. 最近修理したサンスイアンプについて
    2012年1月12日(木)
  2. トランス式アッテネータ・パッシブプリアンプ MASTERS ATT-900シリーズ
    2010年7月18日(日)
  3. 我が家のオーディオ装置から、やっといい音が出る!!
    2011年1月16日(日)
  4. すぐれたロータリースイッチの存在でMASTERSパッシブプリアンプが成立している
    2013年4月6日(土)
  5. バッテリー電源に使うバッテリーを充電するには!?
    2010年4月6日(火)
  6. パッシブ・プリアンプで体験したこと
    2010年12月31日(金)
  7. 弊社製品の安さの理由とオーディオ機器の価値
    2011年2月12日(土)
  8. カスタムアンプ“MASTERS CA-999FB/super A custom”のユーザー様からのレポート
    2011年6月4日(土)
  9. 究極のリアルサウンドが聴けるか!マスターズのパッシブ・プリアンプ
    2010年10月23日(土)
  10. 評価の高いプリメインアンプ“MASTERS AU-880L”
    2011年6月26日(日)
  11. 新開発の真空管整流電源によるトランジスタ・フォノEQアンプ
    2012年1月19日(木)
  12. 昨今のビンテージ真空管事情
    2011年11月19日(土)
  13. ビンテージ管45(直熱3極管)搭載プリアンプ“MASTERS CA-45S CUSTOM”の更なる改善
    2010年9月26日(日)
  14. 真空管パワーアンプ 6AS7Gppアンプ製作
    2010年7月8日(木)
  15. オーディオを節電しつつ楽しむには
    2011年3月21日(月)
  16. 新開発!Zバランス回路(Xバランス回路の改良版)!
    2012年8月12日(日)
  17. NFBアンプを考えてみよう!
    2013年12月25日(水)
  18. ホーンシステム・ユーザーさんに有益な情報!
    2010年5月22日(土)
  19. トランス式パッシブプリアンプ“MASERS CA-999FBS”を納入致しました!
    2011年9月7日(水)
  20. バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中
    2010年8月18日(水)
  21. 高能率スピーカに最適のアンプとは?
    2012年5月14日(月)
  22. “MASTERS BA-225FB/MOSy”誕生!
    2008年5月6日(火)
  23. 300Bを4本採用したフルバランス・プリアンプのカスタム製作
    2008年9月28日(日)
  24. バッテリードライブ・MC用バランス増幅フォノイコライザーとバッテリードライブのこと
    2011年8月13日(土)
  25. 特注ミニパワーアンプ“MASTERS BA-350”製作
    2010年7月8日(木)
  26. 真空管アンプによるフルバランスシステム 試聴報告
    2008年10月7日(火)
  27. WestRiverアンプ試聴会レポート
    2010年9月16日(木)
  28. がんばろう! 日本。そして、50Hz地域の方は節電しつつ、オーディオを楽しもう!
    2011年4月10日(日)
  29. MASTERS BA-225FB/MOSのバランス増幅
    2007年4月8日(日)
  30. トランス式パッシブ・プリアンプとバッテリードライブ・パワーアンプの絶妙なコンビネーション
    2010年11月27日(土)
  カテゴリー ‘Audio Spice BA-D205MK’ のアーカイブ
 店長が日々感じたことを、オーディオエッセイ風に綴ります。開発日誌、コラムなど、様々な内容を情報発信しています。

ブログのホーム


Audio Spice BA-D205MKのご紹介

Audio Spiceブランドのパワーアンプ”BA-D205MK”についてのお問い合わせを多くいただいています。そこで今回は、このアンプについて、ご紹介させていただきます。

このアンプの回路構成は、クエストアメリカ社(米国ニュージャージー州)において、基本回路の提示があって、マスターズサイドで具体設計を担当し、シャーシ、トランス類、パワー管などを選定しつつ、試作機を組み上げました。
このユニークな回路は、前段ドライバ回路のB電圧の上に、パワー管のカソードバイアス回路が重なる方式で、小亀の上に親亀が乗ると言えば、大体、想像が付くと思います。

そうすることによって、前段からパワー管出力まで、ダイレクト構成となります。ダイレクト構成回路として、かつて、「ロフチン・ホワイト回路」が有名でしたが、”BA-D205MK”はそれとは異なります。

電源を2構成用意することで、費用・スペース・重量がかさむことが難点です。 

更に特筆すべきポイントは、ドライブ管の負荷にプレートチョークを採用したことにより、電圧降下が大幅に低下して、その分、パワー管を強力にドライブできます。すなわち、よく採用されるカソードフォロアー回路よりも低い内部インピーダンスでパワー管をドライブできるということです。
結果として、”BA-D205MK”はパワー管が2A3にも関わらず、5Wの出力を取り出すことができました。そして、出力はどこまでもクリップせず、丸くなるので、「ひずみ感が発生しない」という特長もあります。すなわち、コンプレーサー機能も有していることになります。
このアンプの試作機では重さが20kgを超えていました。

最初に製品として世に出したものは、23kgのウエイトを記録しました。このアンプをご購入いただいた方は、ソニーのプロ用大型モニタシステムをお持ちです。これは、40cmウーファ、2インチホーンドライバからなる、総重量60kgを超えるものです。私も、このスピーカーシステムにおいて、実際に試聴させたいただき、パワフルにドライブできることを確かめさせてもらいました。製作者として非常に嬉しい限りです。アメリカのオリジナル回路提供技術者も大変喜んでおりました。

なお、アメリカサイドでは、100万円以上の高級アンプにこの回路を搭載して、好評を得ております。

また、”BA-D205MK”の今後は、出力トランスを橋本製のものに切り替えます。価格は据え置く予定です。

更に、パワーアップした、”300B搭載機”も計画中です。

是非ご期待ください!!


ブログのホーム


Copyright © 2003-2017 ISHINO LAB. © 2003-2017 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Mozilla Firefox